膣のゆるみを改善する施術を受けてコンプレックスを解消する

婦人

傷跡が残らない

レディ

膣を改善するためにヒアルロン酸や脂肪を注入するという方法があります。注射器を使用するため傷が残りにくいのが特徴です。ヒアルロン酸は体に吸収されやすく効果が持続しませんが、その分なじみやすく自然な仕上がりになります。

Read

プライバシーを守る

悩む婦人

出産を経験することや歳を重ねることによって膣にゆるみが生じることがあります。これは自然な症状ではありますが、膣がゆるいことでパートナーとの性行為が楽しめなくなることや、コンプレックスに思う人も多くいます。ゆるみを改善するための施術が病院で受けられるので、悩みを抱える人は相談に行きましょう。病院に通いたいけれど知り合いに会うと膣にゆるみがあることを知られてしまうから嫌だという人や、男性も通う病院では恥ずかしくて行けないという人は女性専用のクリニックが便利です。膣のゆるみなどデリケートな部分の悩みは人に知られたくないものですが、女性専用のクリニックでは患者のプライバシーを守るために多くの工夫が施されています。医師はもちろんスタッフや患者まで女性に限定されているので悩みも相談しやすく、気兼ねなく通院することが可能です。女性しかいない場合は病院内でも緊張せずにくつろぐことができるので患者のストレスを減らすことができます。女性専用のクリニックの中には病院内での配慮だけではなく病院に入るまでにも気を配るところがあります。デリケートゾーンの悩みに対応しているクリニックではそこに入って行くところを見られるのも嫌がる人がいますが、入り口が分かりにくくなっているため病院に入る様子を人に見られる危険性が少なくなります。その他患者同士での鉢合わせも極力避ける配慮がされていますが、病院の内部の電気を薄暗いものにして内装を黒にすることで、もしも他の患者とすれ違う場合でも顔が分かりにくいです。

活性化して引き締める

笑顔の婦人

高周波を膣内に当てると、細胞が活性化されるのでゆるみが改善して引き締まりのある膣が手に入ります。出血や痛みもなく気軽に受けやすい施術ですが、細胞が活性化しやすい閉経前の人にしか効果はないので注意が必要です。

Read

効果が持続する

座るレディ

メスによって膣の余った皮膚を切除し、糸で縫合を行なう施術方法では半永久的にゆるみを解消することができます。施術のときには麻酔を使用するので痛みを感じにくく、傷跡も残りにくいです。

Read