膣のゆるみを改善する施術を受けてコンプレックスを解消する

レディ

効果が持続する

座るレディ

膣のゆるみを改善するためにメスで皮膚を切除すると、効果が半永久的に得られます。しかし、注射器などによる施術では、効果が持続しないため定期的に施術を受ける必要があります。ただし、膣内の皮膚を切除する方法では、年齢を重ねることによって生じるもの以外は、ほとんどゆるみが起きることはありません。メスを利用した施術方法には二種類があり、ゆるみの状態によって方法を選ぶことができます。膣のゆるみが軽い場合は膣縮小手術を受け、ゆるみが重度である場合は膣壁縮小手術を受けます。自分の膣がどの程度のゆるみを生じているのかは判断しにくいことなので、手術を受ける前に検査を受けて医師と相談して施術方法を決めましょう。それぞれで手術を行なう範囲は異なりますが、その方法に大きな違いはありません。局部麻酔を行なった後は余っている皮膚をメスで切除し、糸を使用して縫合します。局部麻酔の他に希望すると静脈麻酔を施してもらえますが、そうすると痛みだけではなく不安も大きく和らげることが可能です。施術の際には時間が経つと溶ける糸を使用するので抜糸の必要はありませんが、気になる場合など希望すれば抜糸を行なってもらえます。術後は5日前後出血があるのでナプキンを使用して生活します。施術にかかる費用や時間は膣縮小手術の場合が40万円前後で40分程、膣壁縮小手術の場合は60万円前後で1時間ほどです。メスによる傷があるため術後しばらくはシャワーや入浴を我慢する必要がありますが、入院をする必要はありません。膣は皮膚が再生しやすい場所であるため傷跡は目立ちにくいという特徴があります。